なぜ人は自己啓発本を読みたくなるのか

自己啓発本

なぜ人は自己啓発本を読みたくなるのか

書店には、数多くの有名企業の社長の本や大学教授の本などが並んでいます。
有名企業の社長の本には、会社が大きく成長するまでの苦労体験やその苦労を達成して、会社が大きく成功したサクセスストーリーなどが多くあります。
大学教授の本などは、専門分野に特化した内容で、過去との対比や未来への展望など、専門性分野を追究した本が多いのが特徴です。
このような本は、自己啓発本として大変人気が高く、読者が読みたくなるように面白く可笑しく書かれています。

自己啓発本は、読者自身が現状に変化を求めており、自分の目標や目的達成の足掛かりにしようとしています。
本を読んで自分の立場に置き換えて、目的達成のために応用することができる人は、自己啓発本を読んで効果があるのですが、読むだけで満足してしまい、行動に変化できない人などは読んでも効果がありません。
自己啓発本は読みたくなるような見出しや文章で構成されているので、読んでいてとても楽しいです。
そのため、自己啓発本を大量に購入してしまい、宝の持ち腐れになってしまわないように注意が必要です。
本をたくさん読んでも効果がないと悩んでいる場合は、セミナーなどに参加して、自己啓発方法を変えてみることもポイントです。¥

ロバート・アレンが勧める自己啓発とは

ロバート・アレン

G.キングスレイ ウォードが勧める自己啓発とは

G.キングスレイ ウォードは原題「LETTERS OF A BUSINESSMAN TO HIS SON」を書いた人物です。日本版のタイトルである「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」を聞けば、「ああ、あの本か」となる方も多いのではないでしょうか。
日本では発行20年以上経った今なお愛されている本であります。タイトルからビジネス書といった趣ですが、ビジネスマンとしての「父親」が息子へ贈った手紙をまとめたもので、自己啓発の側面が強く、現在でも通用することが多く書かれています。
では、G.キングスレイ ウォードの勧める自己啓発とはどのようなものでしょうか。
G.キングスレイ ウォードは複数の会社を経営していた人物で、息子はその父親のことを超えられないだろうことに諦めや不安を感じています。そんな息子に父親は手紙を書くのです。その文章は経営者の心構えだけでなく人生についての心構えも伝えています。
経営者としての彼の経験則からの言葉を読むと、有限な人生をどれだけ真剣に真面目に生き抜くかが重要であることを痛感させられます。日々の中で人と真面目に向き合い、己と真面目に向き合い、小さなことに気を取られ過ぎず、物事の本質を見極めれば自然と高みまで上り詰めることができるだろうことこそが彼が息子に一番教えたかったことであり、彼の考える自己啓発なのです。

ジェームズ・アレン 魅力は失敗とは

ジェームズ・アレン 自己啓発

ジェームズ・アレンの著書の魅力は失敗とは人生にとって、どのような意味があるのかを教えてくれることです。
ジェームズ・アレンは失敗は自分の理想を、より洗礼された現実の方向に描き直すためにあると述べています。
自己啓発は、どのようになりたいのか目的を持ち、それに向かって努力することです。しかし、理想と現実とのギャップを感じて落ち込むこともあるでしょう。
ジェームズ・アレンが勧める自己啓発を簡単にいえば、理想と現実には必ずギャップがあり、失敗というものは、そのギャップを教えてくれる大事なことなので、失敗した原因を見つけだし、修正することが自己啓発につながるということです。
ここで、注意しなければいけないことは、ジェームズ・アレンは誤った考えは、その人の誤った行いが明らかにします。正しい考えは、その人の正しい行いを示しますとも述べています。すなわち、失敗の原因を間違ってしまえば、いくら努力しても、理想と現実のギャップは埋まらないということです。ですが、間違いを恐れて立ち止まってしまうよりは、行動してギャップが埋まらなければ、また、失敗の原因を考え直せばよいことです。それを繰り返すことにより、正しい考えを身につけられるようになります。

自己啓発本やセミナーが教えてくれること

自己啓発本やセミナーが教えてくれること

今の自分に満足している人は、世の中にどれくらいいるでしょうか。働かなくても一生困らないほどにお金がある人や、誰もが認める美男美女であれば、人生に何の不満もなく、毎日を楽しく暮らしているかもしれません。しかし、大抵の人は、やりたくもない仕事をやらされたり、好きな人に振り向いてもらえないなど、何らかの苦しみや挫折を抱えながら、何とか生きているのではないでしょうか。もちろん、人生にはいいことばかりが起きるとは限りません。悩みや苦しみは、人を大きく成長させてくれます。しかし、誰しもできればより楽しく幸せに暮らしたいと願うものです。では、そのために具体的に何をすればいいか、となると、ほとんどの人は答えに行き詰ってしまいます。そこで、こうした人々に人気があるのが、自己啓発の本やセミナーです。自己啓発本を読むと、今の自分の不幸を作りだしている原因は何か、ということがわかります。そして、不幸を生み出しているのは、他ならない自分自身だということに気づくのです。なぜなら、今の自分の環境は、まさしく自分自身で選びとったものだからです。人生にはさまざまな分岐点があり、その節目で人々は無意識にいろいろな選択を迫られています。自己啓発本は、幸せになるために必要なのは、今の自分を変えることだということを教えてくれるのです。

水野敬也 夢をかなえるゾウ

水野敬也 自己啓発

水野敬也の自己啓発本の夢をかなえるゾウではいろいろと自分で出来ることをまずは行動する、自信をつけるためのコツなどが書いてあります。
ユーモアにまじえて、自分という人間を少しずつ理解していくというものです。よくある自己啓発本ではありますが、水野敬也さんの本にはユーモアがあるので、とても読みやすいのでとてもいいです。
水野さんが進める自己啓発というのは、考えるだけでは何も変わらない、行動を少しでも起こすことでいつの間にか変化が訪れるというものです。何事も続けること、そして実践して身につけていくことが大切だということです。
意識していれば簡単に実行できるものなのに、それでもいつの間にかおろそかにしてしまっていることを思い出して、もう一度実行してみるという、人の行動が大切、という意味だといいます。人の行動の意味や当たり前の物事のはずなのに見逃していることを見直してみるということはとても大切だということを意識すればいいということです。
また、どのように行動すればいいのかはそのときの環境にもよるが基本的なことは変わらないということです。
新しいことを当たり前にしっかりとすることで自分を見直すことができるようになれます。

最近、若者に自己啓発セミナーが求められる理由

若者の自己啓発セミナー

自己啓発セミナーといえば、一昔前は働き盛りのビジネスマンが受講者の中心でしたが、最近では若者の受講生が目立つようになりました。若い人は、自己啓発セミナーよりも目の前の娯楽や消費に関心が集まりがちだったので、このような傾向は、非常に喜ばしいことだと言えます。しかし、なぜ若者の間で、自己啓発セミナーの人気が広がっているのでしょうか。それには、現在の社会情勢が大きく影響しています。今の人は、現在の先行き不透明な世の中に、強い不安感と危機感を抱いています。高度成長期の時代には、社会がどんどん進歩して暮らし向きが良くなっていったので、人々はひたすら真面目に働いていれば、幸せになれることが約束されていました。しかし、今の世の中は違います。これから先の時代が、さらに豊かになるのか、またはどんどん貧しくなる一方なのか、ということは誰にも予測できません。どんなに優秀な政治家や経済アナリストであっても、これからの未来がどうなるかを判断することはできないのです。そのような社会においては、最後に頼れるのは自分だけです。そこで、世の中がどのように変化しても、それに対応して生きていく力を身につけるために、自己セミナーに通う若者が増えているのです。

自己啓発本と人生指南本の違いとは

人生指南本 自己啓発

自己啓発本と人生指南本の違いとは
インターネットや電子書籍が普及したとはいえ、未だに紙の出版物は年代を問わず幅広く支持されています。書籍の便利なところは、気になったところをすぐに読み返すことができることと、書き込みができるということです。特に、自分の人生の指針として、何度も読み返したい書物こそ、常に本棚にしまって、繰り返し読むようにしたいものです。さて、書物にはいろいろなジャンルがありますが、あらゆる読者層に支持されている書物に、自己啓発本と人生指南本があります。どちらも、今の自分の人生に疑問を感じたり、今の生き方を見直してみたくなった時に読まれるものですが、両者は似ているようで、大きな違いがあります。まず、自己啓発本は、人生を積極的に生き抜くためのスキルを身につけるための本です。今の自分よりも、もっと成長して理想の自分になるためにはどうしたらいいか、という具体的な方法が書かれています。読んでいると、非常にわくわくしてきて、元気が出るような勢いにあふれています。一方で、人生指南本は、自己啓発本に比べると、消極的で受け身のイメージがあります。こちらは、辛い人生をどう乗り切るか、というアドバイスが中心となり、あまり自己成長は重視していません。

ナポレオン・ヒルの自己啓発

ナポレオン・ヒル 自己啓発

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』は現在でも自己啓発本の最高峰として人気が高いです。ナポレオン・ヒルは徹底的に成功哲学を研究した人で、成功者の思考と行動を体系的にまとめています。彼の自己啓発論は人は自分が思い描いたような自分になるというものがメインになっています。願望を実現するには、具体的な目標を定めることが重要であり、粘り強く当ることで願いは実現化することが明示されています。彼は、成功するにはまず強く思う願望と明確な目標が必要だと言っていますが、これは金銭的なことだけでなく精神的な心の平安なども含めた成功哲学がその著書の中で述べられています。また、彼の自己啓発書の中には、成功に関すること以外にも、失敗に対する考え方も書かれています。「逆境の中には、すべてそれ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている」というのが彼の持論ですが、失敗や逆境に対しても前向きな発想が語られています。願望の実現には決してあきらめないことが重要ですが、しかし、「他人を傷つけてまで成功することほど、愚かなことはない」というのがナポレオン・ヒルの言葉です。成功者の哲学を研究することによりまとめられた珠玉の哲学が彼の著書で紹介されています。

必見!仕事で成果を上げる自己啓発

仕事で成果を上げる自己啓発

自己啓発とは、自分の能力を高めて、目標や目的としていることを達成するためのことです。
多くのビジネスマンなどが、仕事で成果を求められている中で、成果を出すために本を読んだりセミナーに参加することで知識を蓄えています。
自己啓発を行う方法として、本を読むことが一番お金もかからず、簡単に行う方法です。
本などは、書店などに行けば、仕事で成功した社長などの本が並んでいます。
多くの経営者なども、悩んで苦労したことはみな同じであり、その問題に対して対策を立てて取り組み達成したプロセスなどを、自分の現状に置き換えることによって解決策などを見出すことができます。
書店などは、本を購入しなければならないのですが、図書館に行けば、無料で読むことができるので、費用もかからず簡単に自己啓発を行うことができます。
セミナーなどに参加する方法によって自己啓発を行う方法もあるのですが、費用と時間が求められます。
本などとは違い仕事などで成功を収めた人や専門家などが話をしてくれるので、その場において質問なども行うことが可能です。
また、参加している人達とも意見交換などができ、視野を広げることができます。
セミナーなどは、討論形式を取り入れていることもあり、考えて自分の意見を発言する機会もあり、とてもよい自己啓発になります。

スティーブン・R・コヴィーが勧める自己啓発とは

スティーブン・R・コヴィー 自己啓発

スティーブン・R・コヴィー博士は、自己啓発のパイオニアとも言うべき存在です。彼の著作である七つの習慣は、世界中でベストセラーとなりました。これは、人生を成功に導くたった七つの習慣について記したものです。この自己啓発本は世界中の人々に影響を与え、各分野で成功している一流のビジネスマンや芸能人などには、愛読書としてこの本をすすめている人も少なくありません。では、スティーブン・R・コヴィーの七つの習慣とは、どのようなものでしょうか。まず第一に、自分が理想とする人格をイメージして、その人格から内面の自分に働き掛けることをアドバイスしています。こうすることで、いつのまにか理想の自分に近づくことができるのです。続いて、目的を持って始めること、優先順位を明確にすることをすすめています。何事も、目的がなければ長続きしませんし、やることの順序付けがはっきりしていないと、効果が現れにくいものです。これは、あらゆる自己啓発本でもすすめていることです。また、相手と自分の双方にメリットがあるように考えること、相手に理解されることよりも、まずは相手を理解しなさい、と説いています。また、相乗効果を発揮することと、主体性を発揮するためのエネルギーを高めることの重要性を述べています。