カテゴリー別アーカイブ: 自己啓発

リチャード カールソンが勧める自己啓発とは

リチャード カールソンの自己啓発本に小さいことにくよくよするな!というものがあります。
自分の人生に気楽に立ち向かえるようになれば、また色々な気軽に考えられる方法を身につけていくことが大切ということです。自己啓発とは自分の気づきが大切であり、考え方の変化が大切だというのです。
リチャード カールソンは、私たちは少し頭を冷やせばなんとなく解決することに、つい大騒ぎしがちだ、といっています。つまり深く考えすぎずに自分自身の考え方を少しずつ変えることで環境が変化することもあるという意味だといいます。自己啓発本の多くと共通するのは変化を恐れないことと受け入れることです。
落ち込みや悩みを抱えたときに、そのような気分になったときにどう対処するかが大事なのです。不安な気持ちや否定的な気持ちは一時的なものであり、時間とともになくなっていくものだと考える余裕を持つことが幸せな人と不幸せな人の差になっていくというものです。
人生はこうあるべきという考えをもってしまうものですが、自分自身の個性的な人生を楽しむようにしていくといいということです。
期待を捨てれば、自由になる、というリチャードの言葉には、こんなはずではなかったという風に自分で設定した生き方を否定しない、ということで今を受け入れることが大切だということなのです。
車査定車査定するなら@車買取かんたん査定
車買取する場合気をつけることを1から紹介

デール・カーネギーが勧める自己啓発とは

デール・カーネギーと言えば、1937年の発刊以来、累計1500万部を売り上げ、今なお書店で平積みされるという、自己啓発本の究極の形とも言える「人を動かす」がまず思い浮かびます。

この書籍が今なお輝きを失わずに人々に愛読されるのは、「相手の立場に身を置く」という、聞いただけでは当たり前ながら、なかななか身につけることができない大切なポイントを一貫して説いているという普遍性にあります。デール・カーネギーは、自己啓発を行うに当たっては、まずこの自分本位ではなく、相手本位で物事を考える必要があるということを、繰り返し、様々な例を用いながら示しています。

相手がどんなタイプの人間であれ、自分が重要視され、評価されていると感じさせてくれる人間には好意を抱くものです。このいつの時代も変わることの無い、人間の本質的な部分を捉え、それを自らのスキルとしていくことで、人を動かすための極意を得るというのが、デール・カーネギーが示すスキルであり、人心を捉えることを目的とする自己啓発において、欠かすことのできないものであると言います。

民間の一市民から有名人に至るまで、デール・カーネギーは様々な例を用いて相手の立場に身を置くことの大切さを説いています。人に好かれる、人に何かをしてもらうといったスキルを身につけるために、まず意識すべきポイントと認識するのが良いでしょう。

デイル ドーテンが勧める自己啓発とは

デイル ドーテンが勧める自己啓発とは何なのか、疑問に思っている場合は、「仕事は楽しいかね?」を読んでみることが良いです。この本の中で、デイル ドーテンは自己啓発について書いています。本書は、将来への希望がないままに毎日の仕事に追われてしまっている主人公が、老人のアドバイスを受けることで自分を変えるアイデアを見つけ出していく物語です。老人は、世の中によくある自己啓発書に記されているような目標の設定、ポジティブな姿勢を否定します。目の前にある課題に集中することの大切さ、世の中は目標を達成するまで待ってくれないことなどを話します。遊び感覚でいろいろとやって、成り行きを見守ることの大切さ、試してみることに失敗はないということなどを、教えてくれるのです。目標とすべきことは、明日は今日と違う自分になることだと、説いています。毎日、違う自分になるためには色々な試行錯誤が必要になってきます。手当たり次第にやってみることは大変ですが、活気がある方法です。人生は進化であり、進化の素晴らしいことは最終的にどこに行き着くか、まったくわからないことだという、目標の設定ではなく、わからないからこそ色々と試してみる人生の方が素晴らしいということを、自己啓発として、デイル ドーテンは勧めているのです。

スペンサー ジョンソンが勧める自己啓発とは

医学博士であり心理学者でもあるスペンサー ジョンソンの書いた自己啓発本、チーズはどこへ消えた?はとても有名です。
2匹のネズミと2人の小人が迷路にさまよいながら失われたチーズを探す物語なのですが、物語になっているのでとても読みやすく、自分でも意識せずに理解していくことができるのが素晴らしいです。
自己啓発とは、幸せになるために、必要なものを手に入れるということでの変化だといいます。現状にある安定から新しい環境へ進み出るというのはとても勇気が必要です。ですが、変化が必要だという事実をしっかりと受け止めてその先に進むことが大切なのです。スペンサー ジョンソンの自己啓発とは、変化を恐れないことと自分自身が行動することで変わる環境を受け入れることだといえます。
難しいことですが、事実目の前にあるものを自分自身で受け入れることで変化が起こり、それをまた受け入れることで自分自身を知ることができるのです。
変化に不平を言うよりも、新しいチーズを探そうといえることが大切なのです。自分自身が変化を受け入れることで、環境の変化に気づき、自分自身の変化をさらにもたらしてくれるということです。世の中で変わらないものはない、その変わったものを受け入れて楽しむことができるようになるのが大事です。

就職活動に活かせる自己啓発とは

就職活動と自己啓発はどう関係しているのでしょう。そもそも就職活動では、就職試験を受ける会社について詳しい方がいいのではと思っていませんか。確かにそれも必要な事前準備と知識なのですが、会社のこと知ることが必要なのと同じく、自分自身を知っておくというのも大切な就職活動の一部なんです。
自分を振り返る「自己分析」は、自分がどんな人間なのか、どのように生きていきたいのか、どんなことがやりたいのか、将来のビジョンをみつめるための大切な自己啓発です。自分自身の分析が出来ていないと、面接時に自分の事について聞かれた時の答えが曖昧になってしまいます。どんな人なのかがわからなければ、会社にとって必要な人材なのかが判断出来ないですよね。他人に自分を理解してもらうには、まず自己分析をしっかりして自分自身を理解する必要があります。
自分が分析出来たら、自己PRの仕方が見えてきます。この自己PRが出来る力が、就職活動で最も活かせるのです。そして、やりたいこと、将来のなりたい自分に足りないこと、必要な資格や免許があるならば、いま行動に移し自分の武器として手に入れておきましょう。その行動こそが自己啓発につながっています。

知っておきたい!自己啓発はなぜブームになるのか?

自己啓発はなぜブームになっているのか、疑問に思っている人もいるはずです。理由を知っておくようにすると役にたてることが出来ます。
自己啓発がブームになっている時期は、不況が長く続いていたり、格差が拡大していたりするなど、社会不安が高まっている時期です。自己啓発は、人生がうまくいかせることは、努力しなくても、成功する方法さえ知れば簡単に行うことが出来るとしています。願えば叶う、習慣を変えれば人生は変わる、隠された潜在能力を掘り起こそうというものがあります。すべてポジティブな前向き思考です。そのため、知識ではなく、高揚感をあたえてくれるのです。自己啓発さえすれば、うまくいく、すべて成功すると考えることが出来るため、行おうとします。自己啓発がブームになる背景には、人々が毎日の生活の中に不安や不満がたくさんあるということがあげられます。不安や不満があるため、それらを解消する手段として、自分を啓発しようとするのです。
このように、自己啓発がブームになる理由には、様々なものがあります。社会的な不安や個人が抱える不安、不満などがたくさんある場合、自分を啓発することで前向きになり、人生を変えられるかもしれないと考える人が多くいるためです。

アービンジャー インスティチュートが勧める自己啓発とは

自己欺瞞ということがアービンジャー インスティチュートのいう自己啓発です。
自己欺瞞というのは、自分への裏切りから陥ってしまう自らの箱から抜け出す方法のことだといいます。
他人を思いやっているつもりでも実はそれが自分への思いやりになっている、ということです。もっと詳しく言うと、自分の思い通りにならないことや自分の役割ではないということをしなければいけないときに、他人のせいにすることがおかしいという風に考えることが大切なのです。
アービンジャー インスティチュートの自己啓発本の自分の小さな箱から脱出する方法というものにはいくつか例文が載っていますが、簡単にいうと、自分がやらなければいけないことを他人のせいにしている、という自覚を持て、というものです。
自己啓発とは気づきであり、自分で意識をすることが大切だというのです。

自分が思いがけずにやらなければいけなくなったことを他人のせいでしなければいけなくなった、という風に無意識に考えてしまう人がいるけれど、それを自分でそう思っている、ということをきちんと自覚して、そう思わないようにするのが大事です。自分が動かなければいけないのは他人のせいではなく、自分でそうすると選んだからです。